腎センター

■つるぎ町立半田病院 腎センター(平成29年2月現在)

腎センターは平成16年6月に開設され、12年半の月日が経過いたしました。血液透析療法は、ベッド数は27床(緊急用:1床)で、月水金は2部制、火木土は1部制とし約70名の治療に携わっています。また平成20年8月より腹膜透析療法を開始し、現在まで23名の患者様を導入してまいりました。

治療を行なう腎センターはホテルのエントランスホールのように明るく開放感があり、各ベッドには液晶テレビの設置、外来食堂での透析定食の提供など、透析ライフを快適に過ごせる環境作りに心掛けています。またDEHPフリー・ニードルレス血液回路やPVCフリー誤穿刺防止穿刺針、滅菌副作用の無い滅菌材料、プレフィルド製剤・・・の使用による安全の追及と医療の質の向上に努めています。

人員は医師3名、臨床工学技士:4名、看護師:6名です。

特殊疾患や急性期の血液浄化療法にも積極的に取り組んでおり、年々と件数も増加し救命救急治療の重要な役割を担っています。

 

■急性血液浄化療法実績

  年度(平成)
  H16 H17 H18 H19 H20 H21
H22 H23

H24

H25

H26 H27 H28
(持続)血液透析療法       1 2 1 4 9 4 3 1 2 4 9
(持続)血液透析濾過療法   5 4 1 4 4 24 16   4   1  
(持続)血液濾過療法     9 3 1                
限外濾過療法 11 17 48 14 13 7 4 2   4      
単純血漿交換療法   5       3              
二重濾過血漿交換療法   2                      
ビリルビン吸着療法   2           2          
エンドトキシン吸着療法 1 11 1 1 6 1   2   2      
腹水濾過濃縮再静注療法 1   9 24 11 9 13 18 38 28 11 7 7
白血球除去療法     5 1 4 5       4 5    
合計 13 42 77 46 40 33 50 44 41 43 18 12 16

関連ページのご紹介


  • ごあいさつ
  • 基本理念
  • 概要・沿革
  • 歴代病院事業管理者・病院長・事務長・看護部長
  • 診療科のご案内
  • 各部門のご紹介
  • 院内組織図
  • 患者の皆様の権利
  • 病院経営委員会資料
  • 各種統計資料
  • 新公立病院改革プランの策定について
  • 採用情報
  • 病院だより