HOME>第1回つるぎ町立半田病院ICLSコースが開催されました

第1回つるぎ町立半田病院ICLSコースが開催されました

2015年3月8日(日)、第1回つるぎ町立半田病院ICLSコース(日本救急医学会認定)が、当院で開催されました。徳島県立中央病院総合診療科部長の市原新一郎コースディレクターを始め、徳島県内外から23名のインストラクターをお招きして、レクチャーしていただきました。

ICLS講習会は「医療従事者のための蘇生トレーニングコースで、突然の心肺停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生を習得すること」を目標としています。

当日は、18名(看護師9名、消防職員8名、薬剤師1名)が参加し、実際に即したシミュレーション実習を繰り返して、1日かけて蘇生のために必要な技術や蘇生現場のチーム医療を習得しました。

【BLSブースでは胸骨圧迫リレーを行いました(動画) 約30秒 7MB>>】

※上記をクリックすると、動画をご覧いただけます。動画をご覧いただくにはウインドウズメディプレイヤーが必要です。

 

  • ごあいさつ
  • 基本理念
  • 概要・沿革
  • 歴代病院事業管理者・病院長・事務長・看護部長
  • 診療科のご案内
  • 各部門のご紹介
  • 院内組織図
  • 患者の皆様の権利
  • 病院経営委員会資料
  • 各種統計資料
  • 採用情報